バンクイックでお金借りる 大手銀行の安心感と低金利で安心キャッシング

バンクイックでお金借りる 大手銀行の安心感と低金利で安心キャッシング

 

 

 

・バンクイックのカードローンをデンタルローンで使う方は非常に多いです。
・銀行カードローンならではの安心感
・金利4.6%−14.6%
・最大融資額500万円
・バンクイックは、最短即日融資、来店不要
・バンクイックは三菱東京UFJ銀行ユーザーに人気。

 

 

 

バンクイック審査基準は厳しい?結果が気になる方に

 

 

三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックは、審査業務を行う保証会社が大手消費者金融のアコムと同じです。

 

アコムは他の大手消費者金融と比較して審査が甘いことで知られています。

 

このため、バンクイックも含めて、

 

同じ保証会社を利用する銀行カードローンも他の保証会社が審査を行うカードローンよりも相対的に審査の基準が甘い面があります。

 

バンクイックは総量規制の影響で消費者金融からお金が借りられなくなってしまった人の受け皿的な存在としてサービスを開始したカードローンです。

 

このため、バンクイックでは消費者金融の優良顧客であれば通過できる程度の審査基準が適用されています。

 

大手消費者金融は借入限度額が最低1万円以上ですが、バンクイックは最低10万円に設定されています。

 

審査の結果、与信額が10万円に満たない人でも消費者金融であれば数万円の少額融資が認められます。

 

これに対してバンクイックは10万円の与信額に満たない人は審査に落とされてしまいます。

 

バンクイックを利用するためには、最低限度額である10万円以上の与信がある人に限られます。

 

具体的な審査基準は公表されていないものの、一般的に銀行カードローンを利用するために最低条件として、ブラックリストに載っていないこと、

 

多重債務ではない、安定した収入がある・勤続年数が1年かそれ以上、をクリアしている必要があります。

 

信用情報機関の情報は一定期間後に消去されますが、金融業者や保証会社は信用情報機関とは別に情報を保管しています。

 

このため、アコムや同じ保証会社のローンの返済時に延滞や滞納を経験したことがある人も、審査に落とされる可能性があります。

 

多重債務についてですが、消費者金融は主に他社も含めた債務残高で判断しますが、銀行は他社の件数も考慮します。

 

銀行カードローンは消費者金融よりも低利(最高年率14%台)なので、最高年率が18%のアコムよりも審査基準が厳しくなります。

 

それでも多重債務や過去に事故歴がなく、消費者金融で10万円以上借入ができる人であれば、バンクイックが利用できる可能性が高いと言えます。

 

 

バンクイックの在籍確認について 審査が不安なら

 

バンクイックでは、原則として在籍確認が行われますが、借入に関することや、バンクイックなどのカードローンの名前は一切出さずに行われます。総量規制の対象外なので、専業主婦の方でも借入出来ますが、在籍確認は行われず、申込者本人への連絡のみ行われます。

 

配偶者の勤務先に電話をかけることもありません。

 

 

電話をかけた時に三菱東京UFJ銀行を名乗ってかけられ、合わせて担当者名を伝えることもあります。通話口に申し込んだ本人が出られれば、簡単に本人の確認をするだけで終了します。不在の場合は、通話口に出た人が、不在であるとか、席を外しているという内容の応答をすれば、現在不在にしているだけで、会社に在籍していることは容易に分かりますので、再度会社に電話がかけられることはありません。

 

最寄りに三菱東京UFJ銀行の店舗がある地域であれば、会社の方にバンクイックに申し込んだことや、借入の利用のこととは分からないと思われます。銀行の振込などの取引で何かあったのかと思われるかもしれませんが、最寄りに店舗がない場合は、同僚の方に不審に思われるかもと不安になる方もいるでしょう。

 

三菱東京UFJ銀行では、バンクイック等のローンの他に、クレジットカードの発行も行っています。電話に出る機会の多い同僚に、銀行からクレジットカードの在籍確認があるかもしれないと伝えておくと良いでしょう。

 

バンクイックの一部の店舗では、テレビ申し込みの窓口があり、土日や祝日でも申し込みを受け付け、即日融資が可能な場合があります。勤務先が休みで出社している人がいなくて、在籍確認が出来ない場合に当日中の借入を希望するのであれば、申し込みをした人の信用情報によっては、在籍確認を省略することもあります。

 

個人信用情報を閲覧し、現在の借入やクレジットカード、分割払の契約や、利用状況が収入に見合っているか、返済は期日を守っていて事故情報はないか等をくまなく確認し、借入希望額も最低限の金額であれば信用度が高いと見なされます。在籍確認が行われないようにするには、普段の利用状況に気を配ることも大切でしょう。

 

 

バンクイック返済方法をチェックしてください。 返済に遅れないために

 

銀行のカードローンとしては低金利で専業主婦でも借りられると人気のバンクイックですが、返済方法を理解していなければ期日までに間に合わず、延滞金が発生するリスクが高まります。返済を遅れないようにするために、バンクイックの返済方法を理解しておきましょう。

 

方法として、3種類が用意されています。

 

最も払い忘れを防ぎやすい方法が、自動支払いです。これは本人名義の普通預金口座から自動引落によって支払いが完了するものです。口座残高さえ足りていれば来店したり預け入れをしなくても、勝手に期日に返済が終わるのが便利です。自動支払いを利用するには、バンクイックを提供する三菱東京UFJ銀行に本人名義の普通預金口座を持っていなければなりません。利用したいなら口座開設を行っておきましょう。

 

ATMを使った返済方法は、バンクイックのローンカードを使って、利用可能なATMから入金するような形で返済を終えるようにします。期日までに最寄りのATMに来店して手続きを済ませましょう。三菱東京UFJ銀行のATMを使えば一部を除いて、平日の8時45分〜18時まで硬貨の取り扱いが可能です。その他の取り扱いはコンビニATMと同じです。0時10分〜23時50分まで返済を受け付けてくれます。ATM手数料は発生しません。画面に表示されているマイカード、もしくはカードローン入金を選んで操作します。

 

最後の3種類目として、振込による返済ができます。インターネットバンキングの三菱東京UFJダイレクトを利用する形で、返済が可能です。利用者によって振込先が異なってきますので、きちんと確認してから手続きをしてください。返済金額は毎月発生する返済額以上にします。多めに返済すれば利息が減りますのでお得です。三菱東京UFJダイレクト経由で振込による返済を行えば、振込手数料がかかりません。平日の15時までに振込をしないと、翌営業日扱いになってしまいますので注意してください。

 

 

 

バンクイックの増額審査の方法とは 再度審査は必要?

 

日頃の暮らしの中でお金が急に必要になることはよくあるものです。

 

そんな時にカードローンを契約しておくと、ピンチの際にサッと近くのATMを訪れるだけで不足額を補うことができるので大変便利なもの。とりわけバンクイックは三菱東京UFJ銀行が提供する銀行カードローンであることから総量規制などの枠組みに振り回されることなく、幅広い利用者層が便利にサービスを活用することが可能です。

 

しかしバンクイックをはじめとするあらゆるカードローンには利用限度額がつきものです。

 

各人の職業や年収、信用度、過去の利用履歴などを合わせてこの限度額は算出されますが、これらの範囲内において自分の裁量で借り入れと返済を続ける上でいつしか限度額に達してしまい、それ以上のお金が必要になるケースも少なくありません。そんな時には増額申請を行って増額審査を受けると良いでしょう。

 

ただし、バンクイックの増額審査を受けるにあたっては然るべき手順がありますのでしっかり確認した上で臨むことが求められます。まずはネットなどで増額申請を行う際の申請先として専用の電話番号が記載されていますので、そこに連絡を入れた上で増額申請をしたい旨を伝えます。すると担当者が申請に必要な身分証や年収証明書などの案内を行いますのでそれに応じて必要書類などを集めなければなりません。

 

そして増額審査ではほとんど最初の審査と変わらないほどの入念なチェックが行われます。つまり、まずは申請内容がバンクイックの融資基準に即しているかどうかを精査した上で、信用情報機関への照会や勤務先への在籍確認もきちんと行われます。利用者のレベルが増額分の金額に見合うだけのものであることを確かめるのです。

 

このようにして審査の過程で何も問題がないようであれば晴れて増額審査はクリアできたことになります。バンクイックは銀行カードローンということもあり、利用者が返済不能に陥るほどの債務を抱えることのないように、経済力に合わせた融資を行うことをモットーとしています。こうした入念な審査が行われることもあり、多くの利用者が安心して借り入れを行うことができるのです。

 

 

 

バンクイックは主婦や学生でもお金借りれる?金利についてチェックしてください。

 

三菱東京UFJ銀行のバンクイックはとても人気の高いカードローンですが、収入に不安がある主婦や学生の立場でも利用できるか、心配になってくるところです。

 

この点については、心配する必要はありません。バンクイックは主婦でも学生でも、申し込みを受け付けてくれるカードローンで、あらゆる立場の人がお金を借りられる体制を整えてくれています。

 

基本的にパートやアルバイトとして働いている主婦が対象ですが、働いていない専業主婦でも可能です。この場合には、配偶者に安定収入があることが条件です。学生ならば両親の同意を得ていれば、審査を受けることができるでしょう。年金収入のみの人も、受け付けてくれます。但し、満20歳以上65歳未満の人に限られますので、これ以外の年齢の立場だと申し込めません。

 

続いて、金利について確認していきましょう。バンクイックの人気の理由の一つとして、低金利で借りられる特徴があります。年率で1.8%〜14.6%の範囲になります。具体的な金利は決定した利用限度額と審査結果により、個別に決まってきます。

 

基準として、利用限度額が10万円以上100万円以下なら12.6%〜14.6%です。100万円超200万円以下で9.6%〜12.6%、200万円超300万円以下なら7.1%〜9.6%、300万円超400万円以下で6.1%〜7.1%になります。400円超500万円以下に決まると、1.8%〜6.1%の範囲で決定する仕組みです。

 

高めの利用限度額が認められることによって金利が段階的に低くなり、支払いに必要な利息を軽減できるメリットがあります。しかし、利用限度額が高めに設定される例は少なく、多くの人が10万円以上100万円以下に設定される傾向が強いですので、12.6%〜14.6%の金利を覚えておくだけで最初は十分です。

 

 

利率は変動金利とあり、経済状況などによって変化する可能性があることを予め覚えておきましょう。