お金を借りる銀行 金融機関 ローン特約について

ローン特約について

 

お金を借りる銀行 金融機関 ローン特約について

ローン特約をいう言葉を耳にすることがあります。

 

ローン特約は、どうしてもつけておかなければいけないのでしょうか。

 

一度売買契約を交わしても、住宅ローン融資が利用できなかった場合は

 

契約をなかったことにできるものがローン特約の特徴です。

 

売買契約書にローン特約が無い場合には、

 

何らかの形で売買代金に充てる資金を調達しない限り大変です。

 

一度取りきめた契約を白紙に戻すには、違約金や、損害賠償金が求められるという場合もあります。

 

そうなったならば、業者にも責任をとってもらうべきです。

 

銀行から事前調査によるローン契約の内定があったことで

 

安易に住宅ローン特約を外してしまうとこのような事態になります。

 

内定をもらっていたローンの審査に断られることは珍しいですが、何らかの原因があるならありえることです。

 

ローンのための審査書類に問題があった場合や、金融機関に出した書類に問題があったというケースがあります。

 

買主に何ら責任がないとしても、

 

銀行の審査方針が急に変わってしまったりする場合もあります。

 

銀行を別に調べることは、手間の折れる作業といえます。

 

売買契約を結ぶ時は、仮に銀行から融資の内定をもらっているという時でも、

 

あえてローン特約をつけるぐらいしておくといいでしょう。

 

収入証明書不要カードローンならどこがいい?

 

お金を借りる銀行 金融機関 ローン特約について

カードローンを作る場合、収入証明書の提出が必要になるケースがあります。

 

消費者金融などの総量規制対象の企業では、希望枠が50万円以上、

 

もしくは他社の借入と希望額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になるところが多くあります。

 

希望枠が小さいのであれば消費者金融のカードローンでも収入証明書は必要になりません。

 

一方銀行の場合は総量規制の対象とはなっていないため、無制限に貸出をすることも可能です。

 

しかし実際には貸し倒れになるリスクもあるため、

 

一定額以上の枠の場合は収入証明書が必要になることがあります。

 

銀行によって判断はまちまちですが、高いところでは300万円まで不要のところもあります。

 

収入証明書を出したくないのであれば、銀行でカードローンを組むと良いでしょう。

 

ただしこれは一般的なケースであり、申し込み内容によっては提出が必要になることがあります。

 

それはどのようなケースかと言うと、記入している年収があまりにも現実とかけ離れているときです。

 

金融機関には統計からおおよその年収を把握するシステムがあるため、

 

その数値と申し込み内容に書かれたものが違っている場合、確かめるために提出をお願いすることがあります。